OB/OG‎ > ‎

辻本 香子

 現在所属/卒業年度

総合研究大学院大学文化科学研究科比較文化学専攻博士後期課程/2006

 連絡先

所属研究室HP kyokotjmt[at]idc.minpaku.ac.jp

 研究課題

音の人類学

 研究関心領域

芸術・芸能

 対象地域

東アジア


研究内容
現代の都市における言葉、雑音、信号、そして音楽など、さまざまに重なり合ってわれわれの耳に届く音について、香港の獅子舞とそれを取り囲む音の重なりを例にとり、それが都市社会でのコミュニケーションにおいて果たす役割を考えています。


研究業績
学会・口頭発表        
2004.03.13 「チャイナタウンの伝統芸能にみる音の文化の役割―横浜中華街を対象に―」東洋音楽学会 東日本支部第11回定例研究会 (於:お茶の水女子大学).


論文                        
2006 「移民都市における野外芸能の音をめぐる一考察―横浜中華街の伝統芸能から―」『サウンドスケープ』8:23-30.

(査読有り)


(査読無し)



書評                        



報告書                     



学位論文                  
2004 「チャイナタウンの伝統芸能にみる音の文化の役割―横浜中華街を対象に―」(2003年度東京芸術大学音楽学部楽理科提出卒業論文)


その他                     




調査歴

2003.7-11 横浜中華街にて中国人学校OB団体の調査


教育歴

2004.3 東京芸術大学音楽学部楽理科卒業
2004.4 東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻文化人類学コース修士課程入学


経歴





研究助成/その他

2007.3 修士課程修了
2007.4-総合研究大学院大学文化科学研究科比較文化学専攻(国立民族学博物館)博士後期課程進学


備考

2008年4月現在