OB/OG‎ > ‎

岡本 年正 (OKAMOTO, Toshimasa)

 ステイタス

博士課程
 
 連絡先

toshimasa.okamoto[a]gmail.com

 研究課題
呪術と経済――南米ペルー、クスコにおけるクランデリスモ研究

 研究関心領域

経済 社会 宗教・儀礼 都市

 対象地域

中南米・ペルー・クスコ、ボリビア、メキシコ、ウルグアイ

 
研究内容
地方都市クスコにおけるクランデリスモの機能と社会関係
呪物(モノ)と実践者(ヒト)の関係
研究業績
学会・口頭発表        

(査読あり)

2012.08.25 “El despacho como un punto de vista para entender el curanderismo”. XXXV Tinkuy, Reunión Anual de Estudios Andinos. La Universidad Nacional de San Antonio Abad del Cusco, Perú.

 

2011.06.11「市場経済における貨幣を介した意思変化――アンデスの民間信仰におけるクランデーロの事例から」,日本文化人類学会研究大会 45回研究大会,於・法政大学.

 

2010.06.12「あいまいな憑依」,日本文化人類学会研究大会 44回研究大会,於・立教大学.

(査読なし)

2013.07.20「呪物店で供物となるデスパチョをつくる――ペルー共和国、クスコ都市部の民間信仰に観られる活動より」(特集「商品をつくるという営為」),第94回現代人類学研究会,於・東京大学.

 

2013.07.14「クランデーロは何を治しているのか?――クランデーロのconsultorioでの活動から」アンデス・アマゾン学会第2回研究集会,於・南山大学.

 

2012.07.08「クスコにおけるミステリー観光の現在」アンデス・アマゾン学会第1回研究集会(第3回日本版ティンクイ、第2回アンデス研究集会),於・湘南OVA(湘南国際村).

 

2012.06.03「アンデスの信仰の現代性――ペルー、クスコにおけるturismo místicoの事例から」,日本ラテンアメリカ学会第33回定期大会,於・中部大学.

 

2011.10.29「都市クスコのデスパチョの系譜」,第2回日本版ティンクイ(第1回アンデス研究集会),於・東京大学玉原国際セミナーハウス.

 

2010.11.19「信仰に支えられる経済――ペルーのクスコ都市部における民間信仰と呪物市場の関係から」,第779回社会人類学研究会,於・首都大学東京.

 

2010.03.13「「支払い」と「心付け」の狭間――市場経済におけるクランデーロと客の関係から」 ,第45回アンデス牧畜研究会,於・東京大学.

 

2009.10.17「国境を越えたQ'eroの記録:El Encuentro Internacional de Shamanes en Uruguayに参加した報告」,第41回アンデス牧畜研究会、於・東京大学.

 

2007.09.17「ペルー南部高地、クスコの都市部における民間医療とそれに関わる人々のネットワークと認識に関する調査」,第19回アンデス牧畜研究会、於・東京大学.

 

2007.02.09「クランデリスモ研究再考――『コミュニティ』からの考察」,第9回アンデス牧畜研究会、於・東京大学.

 

2005.05.07「暴力の儀礼アンデス高地における投石合戦考(卒業論文発表),プラタフォルマ研究会、於・東京大学.

 

講演等                       

2013.10.11「大地と人間を治すアンデスの職能者:クランデーロ」,PARC自由学校2013(はじめてのケチュア語――アンデス先住民の歴史と文化を学ぶ),於・特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(PARC).

 

2013.08.03「アンデス高地のクランデーロの現在――クスコにおけるケロ村の人々」,アンデス文明研究会(平成25年度夏期公開特別講座),於・東京外国語大学本郷サテライト.

 

論文                        
(査読有り)
印刷中「資本主義経済におけるアンデス高地の民間信仰――供物としてのデスパチョの事例」『超域文化科学紀要』、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻、第18号.
 
印刷中 “Despacho como un punto de vista para comprender curanderismo”, Tinkuy, El Ministerio de Cultura, Región Cusco, No. 2.

(査読無し)

 
書評                        

報告書                     

 
学位論文                  
2007「クランデリスモ研究再考」(2006年度東京大学大学院総合文化研究科提出修士論文)
2005「暴力の儀礼―アンデス高地における投石合戦考―」(2004年度東京大学教養学部地域文化研究科提出卒業論文)
 
その他                     
2013 "El curanderismo en el mundo contemporáneo: ciudad, materialidad y economía informal", La antropología peruana por los japoneses: retrospección y perspectiva, pp.23-25, Embajada del Japón; Asociación Peruano Japonesa; Centro de Estudios Latinoamericanos de la Universidad Nanzan.

調査歴

2007.10-2008.03 ペルー共和国クスコ県クスコ郡を中心としたクランデリスモに関する参与観察と聞き取り調査.
2008.04-2009.03
 ペルー共和国クスコ県クスコ郡を中心としたクランデリスモに関する参与観察と聞き取り調査
.
2009.07-2009.10
 ペルー共和国クスコ県クスコ郡を中心としたクランデリスモに関する参与観察と聞き取り調査,ウルグアイ東方共和国マルドナド県で、越境するクランデーロとアンデス「文化」についての調査(El Encuentro Internacional de Shamanes en Uruguay
に参加).
2010.07-2010.09
ペルー共和国クスコ県クスコ郡を中心としたクランデリスモに関する参与観察と聞き取り調査.
2010.10
 メキシコにて越境するシャーマンについての調査(México El Ombligo Luminosoに参加).

2011.11-2012.01 ペルー共和国クスコ県にて祖先伝来文化集会についての調査(3er. Encuentro de Culturas Ancestralesに参加).

2012.08-2012.09 ペルー共和国クスコ県クスコ郡を中心としたクランデリスモに関する参与観察と聞き取り調査.

2013.09 ペルー共和国クスコ県クスコ郡、プーノ県サン・ロマン郡フリアカ市、ボリビア多民族ラ・パス県ペドロ・ドミンゴ・ムリリョ郡ラ・パス市での呪物に関する調査(祭市feriaと密輸contrabando)


教育歴

2009.04-2009.07 東京大学教養前期課程「文化人類学」TA(平成23年7月迄)
2012.01.26 埼玉大学教養学部専門科目「現代の民族」(溝口大輔非常勤講師担当)でのゲストスピーカー(「南米(先住)民族から見る近代」).
2012.04 フェリス女学院大学非常勤講師
2012.11-12 東海大学文学部アメリカ文明学科「アメリカ文明総合講座B」(リレー講義の3回分)

経歴

 
2005.03 東京大学教養学部地域文化研究学科卒業
2005.04 東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻文化人類学分野修士課程入学
2007.04 同博士課程進学
2007.04-2010.03 日本学術振興会特別研究員(DC1)
 
研究助成/その他

2007.04-2010.03 日本学術振興会特別研究員(DC1)・科学研究費(特別研究員奨励費)(研究題目「ペルー南部の民間医療の現場をめぐる包括的研究――クスコにおけるクランデリスモの諸相」)

2010.07-2010.10 第二回グローバル・スタディーズ・プログラム(組織的若手研究者等海外派遣プログラム・総合文化研究科・文系)(研究題目「儀礼と経済活動――ペルー・クスコのクランデリスモの事例研究」)
 
2011.10-2012.09 松下幸之助記念財団研究助成(研究題目「市場経済における文化の「真正性」をめぐる民族誌的研究――ペルークスコのQ’eroと祖先伝来文化集会の事例研究」).

備考

2013年10月現在