OB/OG‎ > ‎

猪瀬 浩平

 ステイタス



 ウェブサイト

http://www.geocities.jp/kazekoukou/(研究用HP)
http://homepage2.nifty.com/minumafarm/(見沼田んぼ福祉農園HP)
http://www.h4.dion.ne.jp/~minukaze/(見沼・風の学校HP)

 研究課題

差異の人類学

 研究関心領域

法と政治 教育 身体・スポーツ 環境 その他(科学技術)

 対象地域

日本(南西諸島を除く) 北米


研究内容
・自閉症の科学技術人類学
 日米社会における「自閉症」概念の構築をめぐる、科学技術、政策、社会運動からの探求。
・環境福祉論
 環境・福祉における農村還元方式の解体と融合への実践的研究。


研究業績
学会・口頭発表        
国際学会
Kohei Inose 2004“Toward reorienting differences: an ecological approach to disability policy and practice in ordinary school ” 4S(Society for Social Studies of Science) & EAAST(The European Association for the Study of Science and Technology) Conference S66-2 ,Paris August

Kohei Inose & Masato Fukushima 2005 “Asperger’s Solitary Ally: Psychiatric Debate and the Educational Policy on Autism in Postwar Japan ” 4S(Society for Social Studies of Science) Conference,Pasadena October

国内学会・研究会
猪瀬浩平2003「差異の再定位にむけて:障害をめぐる組織・政策からの一考察」,日本民族学会関東地区研究懇 談会,東京・東京大学

猪瀬浩平2003「障害者になる:日本の共育共生運動からの一考察」,日本民族学会第37回研究大会,京都・京都 文教大学

猪瀬浩平2003「環境・故郷・農業:見沼・風の学校設立から見えてきたもの」(研究奨励発表),日本ボランテ ィア学会2003年度大会,大阪・帝塚山学院大学

猪瀬浩平2005「自閉症の多元的生成過程:児童精神医学の誕生をめぐる科学人類学的考察」,SSU/ACT研究会, 東京・東京大学

猪瀬浩平2005「公共政策の狭間、普通学級に在籍する障害児という陥穽:人類学の分析単位をめぐって」,日本 文化人類学会第39回研究大会,北海道・北海道大学

猪瀬浩平2005「共生空間の開拓-見沼田んぼ福祉農園の実践をめぐって」国立民族学博物館公開シンポジウム  「障害とユニヴァーサルな共生」,国立民族学博物館

石井秀樹+猪瀬浩平2005「共生空間『見沼田んぼ福祉農園』の取組み~生命とコミュニケーションの多元化を目 指して」公共研究センター公共政策部門対話研究会第11回(福祉環境交流センター連続セミナー第30回),千葉 大学


論文                        
(査読有り)
猪瀬浩平2005「空白を埋める:普通学級就学運動における「障害」をめぐる生き方の生成」『文化人類学』70( 3)、309-326頁

猪瀬浩平2006(採録決定)「直線の時間、ジグザクの現在:「自閉症」をめぐる考察」『社会臨床雑誌』14(1 )、頁未定

猪瀬浩平2006(採録決定)「共生空間の開拓:見沼田んぼ福祉農園の実践をめぐって」『日本ボランティア学会2004 ・2005年度学会誌』、頁未定

石井秀樹+斎藤馨+猪瀬浩平2006(採録決定)「埼玉県「見沼田んぼ福祉農園」の成立と展開にみる都市近郊緑 地の福祉的活用の考察」『日本造園学会誌ランドスケープ研究』69(5)、頁未定

(査読無し)


書評                        



報告書                     
猪瀬浩平2006「「場」の生成をめぐって」『立教大学RARC福祉プロジェクト年次報告書』、頁未定


学位論文                  
猪瀬浩平2001「障害者になる:日本の障害者自立生活運動からの一考察」(大阪大学人間科学部提出卒業論文)

猪瀬浩平2003「差異の再定位にむけて:障害をめぐる組織・政策・実践からの一考察」(2002年度東京大学大学院総合文化研究科提出修士論文)


その他                     
紀要
見沼学編集部(監修 猪瀬良一/猪瀬浩平・石井秀樹・矢澤秀範)2005『見沼学』第1号(見沼・風の学校 見 沼学編集部)
一般図書
猪瀬浩平2005「『障害』が作られているとき、『障害』が壊されているとき:政策、組織、実践からの人類学的 アプローチ」,山下晋司・福島真人編『現代人類学のプラクシス』,108-118頁,有斐閣

猪瀬浩平2005「正統的周辺参加論:頭の学習から身体の学習、個体的学習から関係的学習へ(レイヴ+ウェンガ ー)」,山下晋司・福島真人編『現代人類学のプラクシス』,280-281頁,有斐閣



調査歴

2000.7埼玉県における障害者の小規模作業所での調査
2001.4-2004.1 国内 障害児の普通学級就学運動についての調査
2001.4- 見沼田んぼ福祉農園でのアクション・リサーチ
2003.9~ 断続的にアメリメリカ合衆国(ワシントンD.C. カリフォルニア州等)にて、インクルーシブ教育、 および自閉症の科学研究・権利擁護運動についての調査


教育歴

2005.8 埼玉大学テーマ教育プログラム「社会と出会う」 インターン受け入れ(見沼田んぼ福祉農園)
2006.4- 東京大学21世紀COEプログラム「共生のための国際哲学交流センター」拠点形成アシスタント(RA)


経歴

2001.3 大阪大学人間科学部人間科学科卒業
2001.4 東京大学大学院総合文化研究科修士課程入学
2003.4 博士課程進学
2003.4-2006.3 日本学術振興会特別研究員(DC1)


研究助成/その他

2005.4- 立教大学アミューズメント・リサーチセンター(RARC)特別研究員
2006.6- 日本ボランティア学会 運営委員


備考

2006年7月現在