OB/OG‎ > ‎

カニング,アンドリュー (CONNING, Andrew)

 ステイタス



 連絡先



 研究課題

戦後の日本:激変下のイデオロギーの転換

 研究関心領域

社会 心理・認知 宗教・儀礼 歴史・文化変容

 対象地域

日本(南西諸島を除く)


研究内容
私の研究は反アメリカ、軍国主義の日本から戦後親アメリカ、民主主義賛成への非常に順調に行われた転換を調査目的としています。日本の占領によって激変への顕著な反応で、どのように社会の目標と価値の 変化に対し、個人が適応するかを研究することは歴史学者や人類学者の理解に役立ちます。質問内容の例は:

1) なぜ1945年の日本社会を外国によってもたらされた激変に上手く順応することができたのか。

2) どんな要素が人々を急に戦時中の政府による全体主義のイデオロギーを放棄させたか。

3) どんな歴史的や文化的要因が日本とその他の占領された国々との行為の違いを説明できるか。

4) 日本の場合で見ると、イデオロギーの構成過程に対して何が明らかになるか。その上、激変の中でイデオ ロギーの再構成過程に対して何が明らかになるか。

5) 何が日本の例から米国と他の国々が学べるか。


研究業績
学会・口頭発表        



論文                        
(査読有り)


(査読無し)



書評                        



報告書                     



学位論文                  



その他                     




調査歴





教育歴





経歴





研究助成/その他





備考

2006年4月現在