home‎ > ‎お知らせ‎ > ‎

第112回 現代人類学研究会

2018/04/09 22:55 に 院生会2 が投稿

現代人類学研究会<特集:つくること・あらわすことーーインゴルド『メイキング』再考>

開催概要

【日時】

2018年4月15日(日曜日) 14:00~18:00(終了後に懇親会を開催予定)

【場所】

東京大学駒場キャンパス14号館407教室
(地図:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam02_01_13_j.html
*エントランスカードをお持ちでない方は、テニスコート側の外階段より4階までお越しください。

【登壇者】

  • 物井愛子(文献紹介)
  • 丹羽朋子(人間文化研究機構総合人間文化研究推進センター)
    「探求の技術」を手探りする人類学的「実験場」をつくるーー「映像のフィールドワーク・ラボ」の試みから」
  • 藤田周(東京大学大学院)
    「おいしさをつくること:日本のモダンガストロノミーレストランにおける調理過程から」
  • 兼松芽永
    「「生きている作品」になるときーー「大地の芸術祭」恒久設置作品にみるマウンドとモニュメント化」
  • 登久希子 (国立民族学博物館)
    「商品/贈与としてのアートを「つくること」から再考する」
  • 山越 英嗣(早稲田大学人間総合研究センター)
    コメンテーター

詳細URL: https://sites.google.com/a/anthro.c.u-tokyo.ac.jp/contemporary_anthropology_workshop/home/2018/20180415

Comments