中田 雄介 (NAKADA, Yusuke)

ステイタス

博士課程

連絡先

nakada.yusuke [@] anthro.c.u-tokyo.ac.jp

研究課題

研究関心領域

メディア・情報 心理・認知 経済 歴史・文化変容 社会

対象地域

日本

研究内容

インターネット上で人々が行う情報収集、共有、そしてそれらに基づく実践がもたらす社会的な影響に着目し、匿名の情報の蓄積、共有が記録~集団的記憶として、どのような意味をなすのか研究を行っている。

研究業績

学会・口頭発表

発表

*2011.6.26 「インターネットを利用した情報収集と学習 ~消極的な代替から積極的な代替へ~」日本文化人類学会関東地区研究懇談会、修士論文発表会(東京外語大学)

受賞・表彰

*2011 日本社会情報学会 大学院学位論文賞(修士奨励賞)

論文

(査読有り)

*2008 「イングランドにおける広域の地域政策におけるガバナンスの変容動向 ~リージョンの重視からサブリージョンへの着目へ~」『都市計画論文集』43(3) pp.337-342 [共執]

*2011 「グラン・パリに見る国と地方との連携による国家戦略の推進方策に関する研究 ~大都市圏の国際競争力強化のためのフランスの取り組み事例の紹介~」『都市計画論文集』46 pp.343-348 [共執]

(査読無し)

書評

報告書

学位論文

*2005 「政策過程における市民活動団体と行政との協働の地域間比較分析~東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県内の市区を対象にして~」(2004年度慶応義塾大学政策・メディア研究科修士学位論文)

*2011 「インターネットを利用した情報収集と学習~消極的な代替から積極的な代替へ~」(2010年度東京大学総合文化研究科修士学位論文)

その他

商業誌

*2006 「オンラインゲームの現状とビジネスモデルについての考察」『2006オンラインゲーム白書』 [共執]

*2010 「オンラインで合意の形成を考える ~インターネットと合意形成に関する小論~」『政策・経営研究』vol.3

調査歴

教育歴

経歴

2003.3 慶應義塾大学総合政策学部 卒業

2005.3 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程 修了

2005.4 民間研究所 入社

2011.3 東京大学大学院総合文化研究科修士課程 修了

2011.4 同博士課程 進学

研究助成/その他

備考

2012年4月現在