博士課程‎ > ‎

田中 理恵子 (TANAKA, Rieko)

 ステイタス

博士課程、ミュージシャン

 連絡先/ウェブサイト


 研究課題

1) アーティストのエスノグラフィ
  -芸術音楽実践にみるハバナに住まう人びとと社会文化動態


2)
上記の民族誌的記述に基づく人類学的芸術研究の脱構築

 研究関心領域

芸術人類学 音楽学 学習・即興 経験・認識 社会文化変容 フィールド

 対象地域

キューバ共和国ハバナ市 (+ 韓国ソウル市、東京)

研究内容

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1)
キューバ共和国ハバナ市の音楽実践をめぐる民族誌 (芸術大学、交響楽団、劇場を軸として)
2) 人類学史における芸術研究とそれに関連する芸術学・美学理論の再検討

研究業績 (主要なもの)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
論文(査読付)                  

2016.3 (in printing) "Between Music and Anthropology: The Experience of "Field"," Journal of Tokyo Zokei University, vol.17.

2014.11 「『生成』としての音楽-ラテンアメリカの二つの芸術をめぐる人類学的考察」,『超域文化科学紀要』(東京大学総合文化研究科),第19号, pp.101-117


2014.9 「現代キューバの社会変容と外交(下)」,『海外事情』,第9号, pp. 102-117.

2014.8 「現代キューバの社会変容と外交()
『海外事情』78号, pp. 101-115

2013.1 「民俗/実験、アートの交差:音の経験に関する一考察」,『表象文化論研究』(特集:即興とプログラム),第9号、pp.22-49

2009.3 「芸能性における非言語的伝達の様相」,『次世代人文社会研究』,第5號, pp.296-315

書評(査読付)               

2012.3 「山田陽一編『音楽する身体-〈わたし〉へと広がる響き』」(書評紹介論文) ,『音楽学』,第572号, pp.111-112 

学位論文                   

2010.3 「『越境』する民俗音楽における継承過程の動態」,東京大学大学院総合文化研究科,修士学位論文(学術).

その他                      

2015.5 「夜の世界に住む男、あるいは睡眠と覚醒の狭間でキューバ人版画家ガルシア・アリオスキーの世界」,『ハバナ・ビエンナーレ2015 ガルシア・アリオスキー』.


2015.3 「生と芸術の民族誌-現代キューバにおけるクラシック音楽の生成と社会変容」,『JAUW会報』(一般社団法人大学女性協会),第254号, pp.5-6


2010.1 「南根祐『民俗の競演と「芸術」化』」,第847回日本民俗学会談話会録, web掲載.(翻訳, 韓→日)

2010.1 「丁秀珍『民俗の文化財化とグローバル化』」,第847回日本民俗学会談話会録, web掲載.
(翻訳, 韓→日)

学会・口頭発表       

2015.7 “Between Music and Anthropology: for Ontological Theory as Hybridity from Western “Classical Music” in Cuba,
International Congress of Anthropological and Ethnological Sciences (IUAES), Thammasat University (at Bangkok).

2015.7 “Cultura como
Devenir - Reflexiones sobre la Practica de la Orquesta Sinfonica Cubana,
Anthropólogos Iberoamericanos en Red (AIBR) 1th Interantional Congress, Universidad de Madrid (at Madrid).

2015.5 「現代キューバにおけるクラシック音楽の社会的布置をめぐって」,日本ラテンアメリカ学会第36回研究大会,専修大学.

2014.11 “A Shared Experience of Music: A Case Study from the Practice of “Classical Music” in Cuba,
International Symposium “Comparative Reflexivities: PD/PhD Workshop, Hitotsubashi University (at Tokyo).

2014.5 「『生成』の芸術人類学へ向けて-ハバナのクラシック音楽実践をめぐるヒトとモノの関係」,日本文化人類学会50周年記念国際研究大会(国際人類学民族科学会連合同開催),幕張メッセ国際会議場.

2014.1 “Unas Experiencias del Sonido: la Visión de los Músicos Experimentales sobre la Música Folklórica en la Sociedad Moderna,
Sala Fernando Ortiz, Centro de Investigacion y Desarrollo de la Musica (at Havana).

2012.6 「『芸術なるもの』をめぐって:現代社会におけるキューバ・クラシック音楽の生成」,現代人類学研究会「特集:芸術と人類学」,東京大学.

2011.10 「音を合わせる経験と身体」,第62回東洋音楽学会大会,京都教育大学.


2011.4 「オーラリティ再考」,日本音楽学会第一回東日本定例研究会,東京芸術大学.


2010.11 「国境を越える音楽が生み出す差異は何を示すのか?」,みんぱく若手研究者奨励セミナー「国境を越える市民社会と人類学」,国立民族学博物館.
 

調査歴
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2012.5-6, 2012.10-2014.3  キューバ都市部の音楽実践に関する民族誌的調査 (国立芸術大学、国立交響楽団、国立劇場)
2005.4-10, 2009.4-7         韓国の民俗芸能実践に関する参与調査 (民族音楽院、放浪芸能集団ナムサダン)
2000.7-                   東京および東京近郊の路上アーティストに関する参与調査

教育歴

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2010.4   東京大学大学院 総合文化研究科 (文化人類学) 博士課程 進学
2010.3   東京大学大学院 総合文化研究科 (文化人類学) 修士課程 修了
2008.4  東京大学大学院 総合文化研究科 (文化人類学) 修士課程 進学

経歴
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2014.4.-            東京造形大学 造形学部 非常勤講師 (担当:文化人類学)
2014.4.-            埼玉工業大学 人間社会学部 兼任講師 (担当:国際理解)
2014.4-2015.3    東京大学大学院 総合文化研究科 リサーチ・アシスタント

2012.10-2014.3  キューバ国立芸術大学 客員研究員

研究助成--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2015.4- 継続中   嗜好品文化研究会第9回研究奨励事業,「愉しみの表象-ハバナの大衆音楽の場にみる嗜好品文化」
2009.3-2011.3
  
公益財団法人りそなアジア・オセアニア財団:平成21・22年度調査研究助成,「芸能性における非言語的コミュニケーションの諸相に関する実証的研究」

2013.3-2014.3    公益信託澁澤民族学振基金大学院生等に対する研究活動助成,「芸術的経験の変容に関する研究-現代キューバ社会における初等音楽教育と身体」
2012.10-2013.2  独立行政法人日本学振振興会「組織的な若手研究者等海外派遣プログラム」(東京大学グローバル・スタディーズ・プログラム),「『芸術なるもの』の伝統
             /現代: キューバ社会における西欧伝来音楽の歴史・教育・実践の分析」


備考
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2016.2.現在
※その他、路上演奏、社会活動に関しては別途参照。