博士課程‎ > ‎

三浦 純子 (MIURA, Junko /人間の安全保障プログラム博士課程) [編集中]

ステイタス

博士課程  PhD student 

 連絡先

miura.junko[@]anthro.c.u-tokyo.ac.jp

 研究題目

人間の安全保障と人の移動  Human Security and Human Mobilities 

 研究関心領域

難民、移民、人間の安全保障、在日外国人、多文化共生、
refugees, migrants, human security, 

 対象地域


研究内容




研究業績

学会・口頭発表        

2015    The Loss of Freedom to Move Identification of Protracted Refugees in Thailand 
            The 7th AnnualCUHK Anthropology Postgraduate Student Forum, the Chinese University of Hong Kong,Hong Kong.

2014    移動する人々と第三国定住制度:難民の行き先が日本になるとき
            公開シンポジウム:アジア(フィリピン、韓国)における新たな難民法制度の動きと日本の今後、難民研究フォーラム

2014     移動する人々と子どもの教育:タイ難民キャンプから日本へ
             多文化社会研究会、於大東文化大学

2013     Myanmar’s Karen Refugees and Japan’s Resettlement System: A New Life with Challenges but Potential Empowerment or Status Quo
            The 3rd Annual Conference of JAHSS (Japan Association for Human Security Studies), Kanagawa, Japan.

2013     日本における難民の第三国定住-現状と課題の多角的検討
             東京大学 C D R 公開セミナー、於東京大学

2012     Third Country Resettlement Programme in Japan: Myanmar Refugees from Thailand Resettled in Japan
             The 2nd Annual Conference of JAHSS (Japan Association for Human Security Studies), Aichi, Japan.

2012     Third Country Resettlement Programme in Japan: Karen refugees in Japan
             The 3rd JSA-ASEAN (Japan Studies Association in Southeast Asia) International Conference, Kuala Lumpur, Malaysia.

2011    Human Security on Overseas Filipino Workers: Filipino Domestic Workers in Italy
            The 1st Annual Conference of JAHSS (Japan Association for Human Security Studies), Kyoto, Japan.


論文                        
(査読有り)
 
2014 移動する人々と第三国定住-難民の行き先が日本になるとき 難民研究フォーラム、難民研究ジャーナル、第4号 

2013 立命館大学、立命館大学平和ミュージアム紀要、第14号
     日本における難民の受け入れと社会統合:タイ難民キャンプからのカレン族を事例に

2012  CDRQuartely. CDR, the University of Tokyo. Volume 4. pp2-36.
         Filipino Migrant Workers in Italy: How Do Cultural Factors Promote Filipino Migration to Italy? 

(査読無し)

2012  CDRQuartely. CDR, the University of Tokyo.Volume 6. pp47-59.
          Karen Refugees in Japan:Who Are They ?

2012  Miura and Masutomi. CDRQuartely. CDR, the University of Tokyo. Volume 5. pp47-73. 
          Japan: Re-Determining the Purpose of Resettlement Programme.

2011  CDRQuartely. CDR, the University of Tokyo. Volume 3. pp70-92.
          Forced Migration in Japan: March 11 Catastrophe




書評                        



報告書                     

2013  難民研究フォーラム、難民研究ジャーナル、第3号
          2012年難民動向分析―世界―


学位論文                  



その他                     
 (著書)

2014  川村千鶴子編『多文化社会の教育課題』三浦純子著「移動から新たな人生を求めて:難民の子供の教育」pp.288-299、明石書店

2013  山本哲史編『難民保護を知る一問一答 100:第三国定住篇』特定非営利活動法人「人間の安全保障」フォーラム

(コラム等)

2015〜2020 「きいろの太陽はふつう?」「生まれる国は選べない」「帰国子女と語学」「多様化する人口移動・移民」等 
        業界新聞(スポーツフロンティア)のコラム掲載(毎月の連載)

2013 「イタリアにおけるフィリピン移民:文化的要因」  塾便りno.212、HUMAN SECURITY ニュース、法学館・伊藤塾

2013 「イタリアにおけるフィリピン移民:経済的な要因」 塾便りno.211、HUMAN SECURITY ニュース、法学館・伊藤塾

2013   「難民キャンプでの人生」 塾便りno.210 、HUMAN SECURITY ニュース、法学館・伊藤塾

2013  「難民の再定住プログラム:有識者会議」塾便りno.209、HUMAN SECURITY ニュース、法学館・伊藤塾

2012  「再定住難民:日本が不人気な理由」   塾便りno.208、HUMAN SECURITY ニュース、法学館・伊藤塾

2012  「日本における第三国定住プログラム」  塾便りno.207、HUMAN SECURITY ニュース、法学館・伊藤塾



調査歴

イタリア・ミラノ
タイ・メーソット、難民キャンプ(メーラ、ウンピアム、ヌポ)
日本 


教育歴

  麗澤大学 外国語学部 非常勤講師 2016年4月〜2018年3月 
  麗澤大学 外国語学部 非常勤講師 2020年4月〜現在


経歴

 中央大学 総合政策学部 国際政策文化学科 卒業  Chuo Universtiy 
 チュニス大学(チュニジア)ブルギバスクール 短期留学 
 中央大学ファカルティリンケージプログラムFLP(国際協力分野)修了
ロンドン大学大学院 修士課程修了 University of London (School of Oriental and African Studies, SOAS) MA in Social Anthropology of Development 
 東京大学大学院 総合文化研究科 超域文化科学専攻(文化人類学)人間の安全保障プログラム(HSP)入学

研究助成/その他


 2020 スミセイ女性研究奨励賞(第13回)
 2015 科学研究費助成事業、特別研究員奨励費、研究課題「人の移動と人間の安全保障:難民の再定住と社会統合の人類学的研究」
   2014 科学研究費助成事業、特別研究員奨励費、研究課題「人の移動と人間の安全保障:難民の再定住と社会統合の人類学的研究」
   2014 日本学術振興会特別研究員(DC2)
   2013 難民研究者奨励賞(第1回)

備考