博士課程‎ > ‎

金子 亜美 (KANEKO, Ami)

 ステイタス

博士課程

 連絡先

ami.k[a]live.jp

 研究課題

Rituals and communication in the ex-missions of Chiquitos, Bolivia.

 研究関心領域

linguistic anthropology, language shift, Christian mission, institution, education, socialization

 対象地域

Ex-missions of Chiquitos, Bolivia.

研究内容

権力交渉の一争点となる言葉・声・音を足がかりとしつつ、人と人のコミュニケーションの諸相を研究している。


研究業績
学会・口頭発表        
(査読なし)
2011.03.12 東洋音楽学会卒業論文発表会(亜細亜大学)
2012.02.18  「音楽の人類学的探求:アラン・メリアム『音楽人類学』を通して」政治経済史学会音楽と社会フォーラム(大東文化会館)
2013.03.21 日本文化人類学会関東地区修士論文・博士論文発表会(首都大学東京)

(査読あり)
2015.10.16   "Transformación del significado social de la diferencia sexual en el idioma chiquitano: un estudio antropológico sobre
         las oraciones católicas en la Chiquitania.” Tierras bajas: segundas jornadas de antropología, historia, arqueología.
         Museo de Historia de la Universidad Autónoma Gabriel René Moreno, Santa Cruz de la Sierra, Bolivia.
2016.05.28  「チキタノ語の親族名称におけるジェンダー指標をめぐって」日本文化人類学会第50回研究大会(南山大学)
2016.06.27   "Indicialidad de género en la terminología de parentesco en el idioma chiquitano." XVI Jornadas internacionales sobre 
                      las misiones jesuíticas. Instituto de Investigaciones Geohistóricas, Resistencia, Argentina.
2016.10.23  「ボリビア、チキトスのミッションと音楽」第12回松下幸之助国際スカラシップフォーラム(東京大学)
2016.11.13  「南米大陸での宣教活動における音楽コミュニケーションの記号論」日本音楽学会第67回全国大会(中京大学)
2017.03.18  「言語の選別と淘汰をめぐるポリティクス:南米、チキトスのイエズス会ミッションにおける言語政策とその帰結」社会言語科学会
                      第39回大会(杏林大学)
2017.05.28  「多言語状況における先住民のキリスト教化:チキトスのイエズス会ミッションにおける言語と音楽の使用をめぐって」
       分科会「多言語状況における実践、制度、そしてコミュニティ成員の社会化」日本文化人類学会第51回大会(神戸大学)

論文                        
論文(査読あり)
2014「指標的記号形態としての音の研究に向けて:シルヴァスティンのコミュニケーション理論に基づく試論」『音楽学』60(1): 14-29.
2016  "Diferencia de habla entre hombre y mujer: transformación del significado metapragmático sobre la indicialidad de género 
           en el idioma chiquitano." María Laura Salinas y Fátima Victoria Valenzuela (eds.) Actas de las XVI jornadas internacionales 
           sobre las misiones jesuíticas. Resistencia: Instituto de investigación geohistóricas, pp.132-149.
2016  "Un informe musicológico sobre la música del cabildo indígena en San Ignacio de Velasco." Revista estudiantil de antropología
           y arqueología. 4:91-98.

プロシーディングス(査読あり)
2015  "Transformación del significado social de la diferencia sexual en el idioma chiquitano: un estudio antropológico sobre las  
           oraciones católicas en la Chiquitania.” Cuaderno de Resúmenes de Tierras bajas: segundas jornadas de antropología, 
           historia, arqueología, pp.38. 
2016「チキタノ語の親族名称におけるジェンダー指標をめぐって」『日本文化人類学会第50回研究大会発表要旨集』pp.52.
2016「南米大陸での宣教活動における音楽コミュニケーションの記号論」『音楽学』62(2): 148.
2017「言語の選別と淘汰をめぐるポリティクス:南米、チキトスのイエズス会ミッションにおける言語政策とその帰結」『社会言語科学会
           第39回大会発表論文集』pp.22-25.
2017「多言語状況における先住民のキリスト教化:チキトスのイエズス会ミッションにおける言語と音楽の使用をめぐって」『日本文化人類
           学会第51回研究大会発表要旨集』pp.49.

書評                        
書評(査読あり)
2012「書評 M. クレイトン、T. ハーバード、R. ミドルトン編『音楽のカルチュラル・スタディーズ』」『音楽学』58(1): 45-47.

報告書                     
2015  "Música del cabildo en San Ignacio hoy, y su vinculación con la tradición misional."
           Informe inédito entregado a los informantes en San Ignacio de Velasco.
2016  "Música del cabildo indígena, San Ignacio de Velasco."
           Informe inédito entregado a los informantes en San Ignacio de Velasco.
2016 松下幸之助国際スカラシップ成果報告書 

学位論文                  
2010「ユーロヴィジョン・ソング・コンテストにおける表象と政治性の交錯」(2010年度東京芸術大学音楽学部提出卒業論文)
2012「声・発話・歌:堆積する時間に根ざした儀礼研究への試論」(2012年度東京大学総合文化研究科提出修士論文)

その他                     
2014.04.08  "Varios aspectos de tradición: desde el punto de vista de antropología."
                     Curso antropológico de la facultad de educación en la Universidad Autónoma Gabriel René Moreno.
2014.09.18  "Antropología de voz y comunicación: significación pragmática de diálogos rituales."
                     Curso de antropología filosófica en el Colegio Internado Agropecuario San Miguelito.

調査歴

2013.7-2013.8 ボリビア多民族国サンタクルス県他にて予備調査
2014.2-2016.2 ボリビア多民族国サンタクルス県チキトス地方他にて長期調査

教育歴

2011.4-2013.3 東京大学教養学部英語部会TA
2011.4-2013.3 駒場アクティブ・ラーニング・スタジオTA
2016.4-2016.7   駒場アクティブ・ラーニング・スタジオTA
2016.4-2016.7   初年次ゼミナール文科TA
2016.10-            東京海洋大学スペイン語非常勤講師

経歴

2011.3 東京芸術大学音楽学部楽理科卒業
2011.4 東京大学大学院総合文化研究科修士課程入学
2013.3 東京大学大学院総合文化研究科修了
2013.4 東京大学大学院総合文化研究科博士課程進学
2014.3   ガブリエル・レネ・モレノ自治大学歴史博物館附属歴史学人類学研究所所属
2016.4 日本学術振興会特別研究員(DC2)

研究助成/その他

2014.2-2016.1 公益財団法人松下幸之助記念財団・松下幸之助国際スカラシップ
2014.4-2015.3 公益信託澁澤民族学振興基金・大学院生等に対する研究活動助成
2016.4-              日本学術振興会科学研究費助成事業・特別研究員奨励費

備考

2017年現在