博士課程‎ > ‎

金子 亜美 (KANEKO, Ami)

 ステイタス

 OG

 連絡先

 kaneko.ami[at]cc.utsunomiya-u.ac.jp

 研究課題

 南米先住民の歴史とキリスト教

 研究関心領域

 文化人類学(特に儀礼論、言語人類学、キリスト教の人類学、アマゾニア民族学)

 キーワード

 南米先住民の歴史、カトリック、イエズス会布教区(17-18世紀)、チキタノ、カビルド

 対象地域

 旧スペイン領南米イエズス会布教区(チキトス地方)

研究内容

My study explores how Chiquitano people, an indigenous population in lowland South America, have become devout Catholics who situate their mythical origin in a biblical event. I challenge existing anthropological studies on non-Western Christianity. These tend to exaggerate the continuity of local sensibility and underestimate historical changes in subjectivities induced by Christian encounter. In my study, two types of analyses are carried out: First, I examine Chiquitano’s Catholic encounter documented in historical sources from 17th to 18th centuries in the Jesuit missions. These documents show how the Jesuits managed to form Catholic-subjectivity among Chiquitano, assimilating their native customs of warfare and welcoming of neighbors to the sacramental rituals particularly baptism and the Eucharist. Second, I investigate ethnographic data collected in San Ignacio region in eastern Bolivia, 2014-2016, of Catholic rituals in the liturgical feasts practiced by a religious institution cabildo, originated from a council of the Spanish colonial administration. I identify Chiquitano traditional norm of reciprocity between “host (dueño)” and “guest (pozoca)”, a scheme essential to the rituals in which cabildo should welcome their neighbors with music. In terms of this scheme, Chiquitano narrate their mythical encounter with Catholicism: It was Chiquitano themselves as hosts who welcomed Infant Jesus as a guest to their village in the Nativity, singing in chorus or playing violin, flutes and drums.


研究業績
著書                        
著書(単著)
 2018
『宣教と改宗:南米先住民とイエズス会の交流史』、風響社。

事典の項目
 2017
「ボリビア多民族国」中牧弘允(編著)『世界の暦文化事典』、丸善出版株式会社、pp.392–395。

論文                        
査読あり
 2014
指標的記号形態としての音の研究に向けて:シルヴァスティンのコミュニケーション理論に基づく試論」『音楽学』60(1): 14-29. (pdf)
 2016 
"Diferencia de habla entre hombre y mujer: transformación del significado metapragmático sobre la indicialidad de género en el idioma chiquitano." María Laura Salinas y Fátima Victoria Valenzuela (eds.) Actas de las XVI jornadas internacionales sobre las misiones jesuíticas. Resistencia: Instituto de investigación geohistóricas, pp.132-149.
 2017
"Un informe musicológico sobre la música del cabildo indígena en San Ignacio de Velasco." Revista estudiantil de antropología y arqueología. 4:91-98.

書評                        
査読あり
 2012
書評 M. クレイトン、T. ハーバード、R. ミドルトン編『音楽のカルチュラル・スタディーズ』」『音楽学』58(1): 45-47.(pdf)

学会・口頭発表        
査読あり(単著)
 2015.10.16 
"Transformación del significado social de la diferencia sexual en el idioma chiquitano: un estudio antropológico sobre las oraciones católicas en la Chiquitania.” Tierras bajas: segundas jornadas de antropología, historia, arqueología. Museo de Historia de la Universidad Autónoma Gabriel René Moreno, Santa Cruz de la Sierra, Bolivia.(pdf)
 2016.05.28 
チキタノ語の親族名称におけるジェンダー指標をめぐって」日本文化人類学会第50回研究大会(南山大学)(pdf)
 2016.06.27
"Indicialidad de género en la terminología de parentesco en el idioma chiquitano." XVI Jornadas internacionales sobre las misiones jesuíticas. Instituto de Investigaciones Geohistóricas, Resistencia, Argentina.
 2016.10.23
ボリビア、チキトスのミッションと音楽」第12回松下幸之助国際スカラシップフォーラム(東京大学)
 2016.11.13
南米大陸での宣教活動における音楽コミュニケーションの記号論」日本音楽学会第67回全国大会(中京大学)
 2017.03.18 
言語の選別と淘汰をめぐるポリティクス:南米、チキトスのイエズス会ミッションにおける言語政策とその帰結」社会言語科学会第39回大会(杏林大学)
 2017.05.28
多言語状況における先住民のキリスト教化:チキトスのイエズス会ミッションにおける言語と音楽の使用をめぐって」分科会「多言語状況における実践、制度、そしてコミュニティ成員の社会化」日本文化人類学会第51回大会(神戸大学)
 2018.11.08 
"Regalos de los Reyes Magos y relación recíproca en la fiesta patronal en la Chiquitania". Tierras bajas: III jornadas deantropología, historia y arqueología. Museo de historia de la Universidad Autónoma Gabriel René Moreno, Santa Cruz de la Sierra, Bolivia.
 2019.06.01
キリスト教化とローカリティの連続性/不連続性:アマゾニア民族学と言語人類学の接合にむけて分科会「言語人類学とエスノグラフィ:コミュニケーションから文化を記述する」日本文化人類学会第53回大会(東北大学)

査読あり(共著)
 2017.05.28 
「分科会:多言語状況における実践、制度、そしてコミュニティ成員の社会化」山下里香氏との共著、日本文化人類学会第51回大会(神戸大学)(pdf)

査読なし(単著)
2012.02.18  
音楽の人類学的探求:アラン・メリアム『音楽人類学』を通して」政治経済史学会音楽と社会フォーラム(大東文化会館)
2017.06.17  
チキトス地方における言語、音楽、テクストの現状に関する人類学的研究」 イベリア・ラテンアメリカ文化研究会第 69 回例会、(津田塾大学)(pdf)

パネリスト
2018.10.20  
特別シンポジウム:フィールドから見た音楽」にパネリストの一人として登壇、第14回松下幸之助国際スカラシップフォーラム(東京大学)

コメンテーター
2016.7.30 
柴田香奈子氏の口頭発表「コミュニケーション・ツールとしての修道院手話、手まね」に対して、筑波人類学研究会第19回定例会(筑波大学)

報告書                     
 2015  
"Música del cabildo en San Ignacio hoy, y su vinculación con la tradición misional." Informe inédito entregado a los informantes en San Ignacio de Velasco.
 2016  
"Música del cabildo indígena, San Ignacio de Velasco." Informe inédito entregado a los informantes en San Ignacio de Velasco.
 2016 
松下幸之助国際スカラシップ成果報告書 (pdf)
 2016
「ボリビア、チキトスのミッションと音楽」第12回松下幸之助スカラシップフォーラム報告書
 2018
特別シンポジウム:フィールドから見た音楽」、第14回松下幸之助スカラシップフォーラム報告書

学位論文                  
 2010
ユーロヴィジョン・ソング・コンテストにおける表象と政治性の交錯」(2010年度東京芸術大学音楽学部提出卒業論文)
 2012
声・発話・歌:堆積する時間に根ざした儀礼研究への試論」(2012年度東京大学総合文化研究科提出修士論文)

その他                     
 2019
「自著紹介『宣教と改宗:南米先住民とイエズス会の交流史』」、『ラテンアメリカ・カリブ研究』26:58-60.

調査歴

 2013.7-2013.8  ボリビア、サンタ・クルス県チキトス地方他で予備調査
 2014.3-2016.2  ボリビア、サンタ・クルス県チキトス地方他で民族誌的調査
 2017.12-2018.1  スペイン、マドリードおよびセビージャで史料調査
 2019.3                 ボリビア、サンタ・クルス県チキトス地方で史料調査

教育歴

経歴
 2011.4-2013.3    東京大学教養学部英語部会 TA(英語一列)
 2011.4-2014.3    駒場アクティブ・ラーニング・スタジオ TA(ALESS他)
 2012.5-2016.3    東京大学東洋文化研究所 日本・ネパール協会旧蔵資料データベース構築
 2014.3-現在        ガブリエル・レネ・モレノ自治大学歴史博物館附属歴史学人類学研究所共同研究者(ボリビア)
 2016.4-2018.3    日本学術振興会特別研究員(DC2
 2016.4-2016.9    東京大学教養学部初年次ゼミ文科 TA(文化人類学)
 2016.4-2016.9    東京大学駒場アクティブ・ラーニング・スタジオ TA(ALESS)
 2016.10-2018.9  東京海洋大学海洋工学部非常勤講師
 2018.4-2018.9    東洋大学国際学部非常勤講師
 2018.10-現在       宇都宮大学国際学部専任助教
 2019.5-現在         サン・マルティン大学日本研究センター 共同研究者(アルゼンチン)

担当経験のある科目
 スペイン語初級(東洋大学国際学部
 スペイン語中級(東京海洋大学海洋工学部)
 スペイン語講読(宇都宮大学国際学部)
 多文化共生基礎C:文化人類学(宇都宮大学国際学部)
 International Communication Seminar宇都宮大学国際学部)

学歴

 2007.4    東京芸術大学音楽学部楽理科入学
 2011.3    東京芸術大学音楽学部楽理科卒業、学士(音楽)
 2011.4    東京大学大学院総合文化研究科修士課程入学
 2013.3    東京大学大学院総合文化研究科修了、修士(学術)
 2013.4    東京大学大学院総合文化研究科博士課程進学
 2019.3    東京大学大学院総合文化研究科博士課程、単位取得退学

研究助成/その他

研究助成、奨学金など
  • 東京大学大学院総合文化研究科、東京大学博士課程研究遂行協力制度
  • 公益財団法人松下幸之助記念財団、松下幸之助国際スカラシップ
  • 公益信託澁澤民族学振興基金、大学院生等に対する研究活動助成
  • 独立行政法人日本学生支援機構、特に優れた業績による大学院第一種奨学金全額免除
  • 日本学術振興会科学研究費助成事業、特別研究員奨励費
  • 公益財団法人松下幸之助記念財団、研究助成
  • 公益信託澁澤民族学振興基金、国際研究集会参加旅費助成
  • 日本学術振興会科学研究費助成事業、若手研究
  • 国立大学法人宇都宮大学ダイバーシティ研究環境推進本部、平成31年度女性教員海外派遣制度(国立研究開発法人科学技術振興機構科学技術人材育成費補助事業、ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ先端型):カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ合衆国:2020年2月-4月)

所属学会
  •  日本文化人類学会
  •  社会言語科学会
  •  日本音楽学会

社会活動
  •  松下幸之助記念財団フォーラム委員(2019年-)

FD関連
  • 東京大学フューチャー・ファカルティー・プログラム 修了(2017年)
  • 東京大学英語によるアブストラクトの書き方セミナー 修了(2017年)

備考

 2019年現在